【ライターなら必読】『1時間でわかる Webライティング』は読みやすくて基礎を取り入れやすい本だった

4.0
1時間でわかる Webライティング レビュー
この記事は約29分で読めます。
この記事を書いた人
Aoi

身体と脳に老化を感じるアラフォー主婦。
9個上の夫と2歳の娘の3人暮らし。
エンタメや恋愛(結構ディープな内容)、コスメアイテムに最近注目している豆腐メンタルなビッグマム。
面白いことが好き。
ポートフォリオ
・電子書籍11冊が発売中
・いろんなジャンルの記事をライティング中

Aoiをフォローする

こんにちは!ポンコツライターのAoiです!
なんだか最近ライターとしての記事の書き方や構成が難しく感じています

良いんでしょうか。ブログ運営している人がこんな感じで。幸先が不安になります……。

改めましてこんにちは。Aoiです。

という訳で今回は、私と同じようにライターとしての基礎を学びなおしたいという方や、これからWebライティングのお仕事をするけど、どのように書いていいのか全く分からないという方へ、私がいつも参考にしている本を紹介したいと思います。

【ライターの仕事を探してる人必見!】仕事の探し方4つとデメリットを解説!
ライターの仕事を探す方法には、どのような方法があるのかご存じですか?この記事では、ライターとしての仕事の探し方と、それぞれのデメリットについて詳しく解説しています!

【スピードマスター1時間でわかるWebライティング】を読んでみた

1時間でわかる Webライティング レビュー

今回勧めたい本は【スピードマスター 1時間でわかる Webライティング】です。

1時間でわかる Webライティング レビュー

✅ページ数158
✅サクサク読める
✅価格1,100円(税込)
✅『この1冊で自信をもって文章を書く力が身につく』って書いてある
✅1ページの文章が少なくて読みやすい

私が読んでみた感想としては上記の魅力があると感じました。総括すると『THE・Webライティングに関する情報を厳選・凝縮した本』と言っても良いと思っています。

この本をGEOで見つけてパラパラっと見たとき、あまりにも簡潔に書かれてたもんだから、多分1分も読まないうちにレジに持ってった記憶があります。

パラパラと中身を見ただけでレジに持ち込みたくなるこの本には、このような魅力があります。

サクサク読める全158ページ

1時間でわかる Webライティング レビュー

本の表紙にも記載されているように、1時間で分かるような内容でした。

おそらくこれは、分かると感じた人はWebライティングの経験がある人で、Webライティング経験がない人は1時間で読める、と考えると良いと感じました。というのも、この本は第一章から第八章で構成されており、それぞれ、

1時間でわかる Webライティング レビュー

について、細かく分けて説明しています。Webライティングをする上で欠かせない、

✅著作権の説明
✅記事の情報元のソースの正確性
✅ライティングの基礎となる構成の作成方法
✅SEOに関しての説明

などが盛り込まれているため、すでにWebライターとして活躍している方にはライティングにおける重要な基礎が簡単に確認、見直すことができます。

また、これから活動をしようと考えている方でも、初めて頭に入れる知識と言えども、次から次へサクサク読める内容にまとめられています。

1時間でわかる Webライティング レビュー

背表紙にも【要点を絞った”超速”解読】と書かれており、確かにその言葉通り、読み飛ばしたくなるような難しい部分もなく、読み返せばすぐに理解できる内容になっています。

2ページ完結が多く情報が凝縮されている

スピードマスター 1時間でわかる Webライティングはほとんどの段落が2ページで完結するようになっています。そのため大変読みやすく文章自体もそこまでのボリュームがありませんから、読んでいくうちに飽きてしまうという方にもなじみやすい文字数と言えます。

1,100円でWebライティングの基礎がまるっと手に入る

158ページ余すことなくWebライティングの基礎が分かりやすく解説されてる上、サクサクとストレスなく読みことができ、さらには時間をかけずインプットできるのに、1,100円で購入できるのは他にはないと言えます。

さらにこのスピードマスター 1時間でわかる Webライティングを執筆されたふくだたみこ(福田多美子)さんは、もともとフリーランスのテクニカルライターとして活動しており、2004年に株式会社グリーゼに入社。

現在は株式会社グリーゼの取締役としてだけでなく、SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64や世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生、いちばんやさしい SEO 入門教室など5冊を出版し、ライティングのプロとして多くのライターにライティングの知識を教えています。

だからこそスピードマスター 1時間でわかる Webライティングは、要点がぎゅっと詰まっていて分かりやすい本になっているんですね!



ふくだたみこさんの著書はこちらから

表紙のワードがWebライターを引き付ける

スピードマスター 1時間でわかる Webライティング表紙から分かりやすい本なのでは?と思わざるを得ない部分があります。

1時間でわかる Webライティング レビュー

この1冊を読んだことで、

✅文章を書く力
✅効率よく書くための技術
✅顧客や読者を引き付けるコツ

を手に入れられることが明記されているからです。

Webライターとして活動するために文章力は基本であり、その上で効率よく書き上げる技術、さらには顧客や読者を引き付け、購買意欲を高める文章をクライアントから求められる機会が多くあります。記事LPやアフィリエイト記事を書くときも、商品の良さや魅力を伝え、その上で購入してもらうというプロセスは欠かせません。

そのためのハウツーが要点を絞った状態で1,100円で購入できるのです。

いまだにライターとしての勉強を継続し、ライターとしての在り方について試行錯誤しています。だからこそいつも読んでいます。

 

【主婦・女性ライター必見!】ライター募集サイト10選!
在宅で仕事を探している主婦や女性の方へ、この記事では、現在Webライターを募集している媒体を厳選して紹介しています。 クラウドソーシングでの応募だけでなく、この記事からも応募することで、仕事の幅も報酬もぐんとアップするかも!?

右ページ:文章 左ページ:例・図解・表は固定

スピードマスター 1時間でわかる Webライティングはほとんどの段落が2ページ完結と先述しましたが、その2ぺージには一切のムダがありません。

というのも、右ページは段落について解説する文章が左ページはその段落を要約するための図解や例、表が紹介されています。そのため、文章で理解できなくても、左ページを読む(見る)ことで、すんなりとインプットできるのです。

ライティングの講師として活躍される方が執筆しているからこそ、図解や表がより分かりやすく作られているんですね。

要点が絞られているからハンドブックとして活用できる

1時間でわかる Webライティング レビュー

ライティングをしていく上で、

このキーワードはどんな構成にすれば分かりやすくなるかな?買いたくなるような記事にするには……????

と思うことがあります。(ポンコツライターでも、そういうのはしっかり考えているのです。)

そんなときは、スピードマスター 1時間でわかる Webライティングの段落ごとに付箋を貼って、ポイントそれぞれを簡単に開けるようにします。例えば、アフィリ記事や記事LPを書く上で知っておきたいPASONAの法則。でも、

PASONAの法則ってそもそもどんな内容だったっけ?

と確認することが多い場合は、付箋に【PASONA】と書いてPASONAの法則の段落ページに貼っておきます。そうすることで、構成を作成する上で必要となるPASONAの法則について、

PASONAの法則はネガティブアプローチの意味であり、
問題提起(Problem)
あおり(Agitation)
解決策(SOlution)
絞り込み(Narrow Down)
行動(Action)

という法則の中身がすぐに確認できます。

記事を書いていくうちに抜けてしまいそうな構成の内部も、このように付箋を貼って開きやすくすれば、いつでも「あれっ?」と思った瞬間に確認できるWebライティングのハンドブックとして重宝します。

図解などを撮影してあなただけのライティングノートを作ることも可能

図解や表がそれぞれの段落に掲載されていることから、そのページをスマホで撮影し、Evernoteなど画像を貼り付けられるアプリに貼りつけ、その画像に対して、

✅自分はどのような解釈をしたのか
✅画像に対してどのようにして理解を深めたのか

などを合わせてメモしておきます。

 

例えば先程のPASONAの法則なら、

PASONAはネガティブイメージ。

商品をアピールする記事で使う場合は、

悩み→今後の不安→それを解決する商品がある!→商品の紹介→商品の限定感や特別感の順で書くよ!

という風に、覚えたときの経緯などを付け加えるのです。

そうすることで、就寝前や通勤の合間、子供の寝かしつけの合間などのスキマ時間に図解などと合わせて覚え方を読み返すことができるため、より丁寧にインプットできる時間を簡単に作れるようにもなります。

要約されているからこそ伝わりにくい部分も

1時間でわかる Webライティング レビュー

Webライターとして活動している私だからこそ読みやすく感じましたが、Webライティングに馴染みのない方には、1時間で内容を全部インプットするのは難しいのではと感じました。

その理由は、Webライター経験者であれば文章の作成や構成、その背景について学んでいるからこそ要約されていてもハンドブックとして活用しやすいですが、初心者からすると要約されているからこそ分かりにくい点もあると思ったからです。

Webライティング初心者の方がこの本を読むのであれば、深く考えずに、

Webライティングの基礎ってこんな感じなんだ!

というテンションで読むのが一番入りやすいかなと思いました。そしてそのテンションを維持したまま、読んでいる最中でも構わないので、まずはひとつ記事を作成してみてください。本の内容を見て考えながらメモアプリなどに記事を作ってみることで、記事を書くための技術がそのときに初めて身に付きますからぜひ試してみてください。

私もPASONAの法則などは本を読んでいる最中にメモアプリで構成を作ったりしていました。

Webライターを始めた人も経験者も、できれば持っておきたい1冊

1時間でわかる Webライティング レビュー

どれだけ毎日記事を書くWebライターでも、キーワードひとつで構成の方法を変化させるなどといったスキルが必要になります。そのためこのようにスッと読める本が手元にあると、安心して執筆を進められると感じました。ただ、ライターとして経験を積んでいる方には、「はっ……今更じゃん……。」と思うことも正直否めません重点のみを絞っていて、ハンドブックとして持っていたい方にはおすすめかなと思いました。

Webライターとしてまだ活躍したことがない方でも、この本を持っていることでタイミングを選ばずすぐに確認できますから、ライティングの基本や構成の基礎が学びやすいと言えます。

画像をしたためスマホのアルバムで読み直したり、メモアプリでオリジナルノートを作るにも大変向いている本ですから、ぜひ今後のライティングスキルのためにも一度読んでみてもらえたらと思います。

ちなみに仕事を探しているならここから仕事を探してみてもいいかも!

私も全部登録してるのですが、以下の4つからは定期的にお仕事もらってるのでおすすめです!

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

クラウドワークスが運営する、クラウドワークスよりも本格的なフリーランスのための求人サービス。業務委託で働きたい方必見!クラウドテックはフルリモートが主流!しかもどれも高額案件!!

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
定番中の定番!在宅ワークの強い味方クラウドワークス

高単価の完全非公開案件が多数【DYMテック】
クローズ案件が豊富!文字単価1円以上多数!担当の方も丁寧でおすすめ!業務委託で働きたい方必見!

ちなみに、DYMテックでは私が電話面談した5月時点では、

  1. ワードプレスができる人が欲しい
  2. 企画構成できる人が欲しい
  3. HTMLなどが軽くできる人が欲しい

と言っており、私もこの時点で依頼を承ることが決定!現在文字単価1円以上の案件を継続して受けています

今でも募集しているかもしれない(できる人の応募が少ないと言っていた)ので、登録だけしてみるといいかもしれません!

(※DYMの部分を追記してから、かなり多くの方が登録したようです!もしかすると、満員になっているかもしれないのですが、登録無料&面談は環境に合わせて電話でも対応してくれます!面談までしておけばあなたの得意ジャンルの案件を案内してくれる可能性が広がるのでぜひ登録してみてください!)

Craudiaクラウディア
仕組みはクラウドワークスと同じ!でもすぐに案件が決まってしまうので更新したらすぐ見に行くのがおすすめ!募集されている案件は、好みのジャンルを登録することで毎週1回メールで教えてくれます

報酬の手数料については5万円まで一律15%。(クラウドワークスより5%安い!)振込手数料はどの銀行も300円だから、無理矢理サービスに合わせてネットバンクを作成する手間がいらないのもポイント!

今回紹介した商品はこちらから



タイトルとURLをコピーしました